【決定版】ランキングで分かる安い葬儀会社一覧

Home > 葬儀の豆知識 > 葬儀を安いプランにすると費用を抑えられる

葬儀を安いプランにすると費用を抑えられる

お葬式全体に必要な費用の総額は200万円程度が平均的だと言われており、お葬式本体部分にかかる費用も120万円程度とかなり高額だと言えます。
しかし高いお葬式の費用も、安い葬儀プランにすることで、平均的な額よりもずっと安くすることが可能になります。
まず小規模なプランとして知られている「家族葬」の場合は、お葬式本体の費用が50万円程度というのが一般的なので、かなり安く抑えることができますし、飲食接待にかかる部分も、会葬者の人数が少ない分安く済ませることができます。
他にも、日程を一日に短縮して行う「一日葬」の場合だと、本体部分は30万円程度が相場だと言われているため、さらに安くすることができます。
そして、火葬のみで済ませるという「火葬式」の場合は、本体部分が20万円程度が相場なので、格安の費用で済ませることができるでしょう。



葬儀費用が家族葬より安い「一日葬」というプラン

一般的な葬儀プランより安いとされているのは家族葬と呼ばれる少人数のプランですが、その家族葬よりもワンランク安く済ませられるプランに「一日葬」があります。
この一日葬は、普通であれば二日かけて行われる日程を、お通夜を省くことで一日に短縮して行うというスタイルになります。
費用に関しては、お葬式本体にかかる費用(主に葬儀社へ支払う費用)が30万円程度というのが相場であり、本体費用が50万円程度と言われる家族葬よりもさらに安くすることができます。
また、一般的な葬儀プランの本体費用相場が100万円を超えることが多いということを考えると、一日葬のプランはかなり安いと言えるでしょう。
それに一日葬は、お通夜を行わないため参列者が少なくなることが多いということもあり、その場合であれば飲食接待費用も安く抑えることが可能になります。



葬儀費用が最も安いプランである「火葬式」

葬儀費用は高額になってしまうのが一般的だと言えますが、最も安いプランに「火葬式(直葬)」と呼ばれるものがあります。
火葬式というのは、通常行われるよな儀式を全て省略して火葬だけを行うという極めてシンプルなスタイルであり、都市部などで選ぶ人が増えていると言われています。
具体的な費用に関しては、20万円程度が平均的だとされていますが、安いものだと10万円程度のものからあります。
ですので、一般的なお葬式のプランの相場が100万円以上だということを考えると、格安で済むと言えるため、とにかく費用を安くしたいという人に向いていると言えるでしょう。
ただし10万円を切るような、あまりにも安すぎる価格の場合については、さまざまなオプション料金がかかってしまう場合もあるため、事前に、何にいくらかかるのかということをチェックしておく必要があります。

ページトップへ