【決定版】ランキングで分かる安い葬儀会社一覧

Home > 葬儀の豆知識 > 葬儀、葬式の費用が安い方法とは

葬儀、葬式の費用が安い方法とは

葬儀、葬式にかかる費用が高いのは、いろいろ原因がありますが、もともと冠婚葬祭にかかる費用は高いという相場がありました。
しかし、それに対しては暗黙の了解ごとのようになっていました。
しかし、近年の節約は結婚式だけでなく、葬儀にかかる費用を抑えるようになってきました。
では安い、葬儀、葬式とはどんなものか、全く行わないのが究極ですが、簡単に質素に行うスタイルがあります。
それが、家族葬であり、密葬です。
家族葬は昔からあったスタイルではなく、業者が考え,命名しました。
その葬式のスタイルは家族だけでなく、親族、親しい知人だけで行う参列者を抑えた葬式のスタイルです。
ですので、とてもこじんまりとしたスタイルです。
更にお通夜から告別式までを短くすると費用も安くなります。
更に最近では本当に家族だけで行うスタイルもあります。



葬儀を少し安いようにするには生前から会員登録

葬式を少しでも安いようにしたい場合には、方法の1つとして葬儀業者をどこにしておくかを決め込んでおくこととなります。
もし家を買うなどしてその地域で永住を決め込んでるのならば、その地域にある葬儀業者の会員登録をしておくこととなります。
というのは一部の業者ではあらかじめ会員登録をしておくとプランの費用が数万円ほど安く利用できるからです。
これは生きてる前から家族の誰かが登録をしておくので、ある意味では不謹慎な行為のようにも見えるかもしれません。
しかし終活というキーワードが一般的に認知され始めてる現在では、これも終活の対策の1つとなります。
次なる対策の1つは葬式をするにはプラン以外に様々な費用が発生します。
例えば供え物とか花輪とか料理代や返礼品、お寺さんにつけてもらう戒名の文字数などとなります。
これらは故人や近親者の合意を得ないとなかなか難しい問題ではあります。
ただもし合意を得られてるならば、これらだけでも数万円程度の経費を安く済ませることができるかもしれません。



葬儀の安い方法としては基本的に

葬儀に関する方法としては、いろいろとあるのですが、安くできるやり方もあります。
葬儀はかなり大きなやり方もありますし、こじんまりとできることもあります。
まず最高に安くできるのは直葬です。
これはほぼ直接的に火葬場に持っていくことになります。
但し、火葬場でも多少なりとも儀式的なことはやることができますから、そこまでいきなり火葬場で燃やしているわけではないです。
後は家族葬なんてやり方が安くできる方法として認知されています。
安い葬式、というのに抵抗がある人も多いですが、何もお金をかけることによってより供養になるという価値観は既に崩壊しているといえますから、これは注意しましょう。
安く済ませることができるのであればそれにこしたことない、というのもありなわけです。
あくまで故人の遺志を尊重するようにしましょう。

ページトップへ