【決定版】ランキングで分かる安い葬儀会社一覧

Home > 葬儀の豆知識 > 弔電を送る時に気を付けること

弔電を送る時に気を付けること

 いつの場合でも、いくら前もってある程度の予測はあったとしても、人の訃報を聞くと言うことは突然のことです。そのため、どんなにお通夜や告別式に参列したいと希望しても意のままにいかないことも多くあります。
また、最近は家族と故人となってしまった人と非常に親しい関係の人だけで行う家族葬や葬儀そのものを行わないで火葬だけを行う直葬を選ぶ人も多くなっています。その場合は参列すべき葬儀自体がないので、お悔やみを表す場所そのものがないということになります。葬儀に関して現在は様々な選択肢があるため、弔問に訪れる気持ちがあっても、誰もがそれがかなうという時代ではなくなっています。弔問に行くことができない場合には、お悔やみの気持ちをすぐに伝えるために弔電を利用するという方法があります。

 弔電はお悔やみの電報のことですが、電報を送る場合に最近はインターネットのサイトを利用する人が増えているようです。電話で申し込む場合は朝は8時頃から夜は10時頃までの受付になりますが、インターネットは24時間申し込みを受け付けています。時間を気にしないで申し込めるのでとても便利なようです。
弔電の宛先は自宅でも斎場でもかまいません。お通夜や告別式の日時がわかっている場合は、始まる前に届くように心配りをすると良いでしょう。最近の電報の台紙はたくさんの種類があります。生花やプリザーブドフラワーなどお花そのものを送ることもできますし、お線香もあります。紙製の台紙でも刺繍や押し花などが施された美しいものや弔電用の特別用紙もあります。台紙選びにも時間が必要になるため、送る際には時間に余裕を持って申し込むほうが良いでしょう。

 電文は全文を自分の言葉で表すのも良いかもしれません。けれども突然の訃報で精神的に動揺しているときでもあるので、文例を参照することも必要になるかもしれません。電話で申し込む場合はオペレーターの人に聞いてみることもできますが、インターネットのサイトなら様々な文例が掲載されています。送る相手の立場によっても文章の内容が多少変わるので、その点も文例を参照すると良いかもしれません。
文例を参考にしても、必ず自分の言葉は入れるようにして、心のこもった弔電にするのが良いようです。心からのお悔やみの気持ちを伝えれば電文に気を使いすぎる必要はありません。しかし、ひとつだけ気を付けることは、故人の呼称です。お父上、ご尊父、お母上、ご母堂、他にはご主人、ご夫君、奥様など必ず敬称を用いる必要があるということだけは把握しておくことが重要です。

ページトップへ