【決定版】ランキングで分かる安い葬儀会社一覧

Home > 葬儀の豆知識 > 今の時代は葬儀が安いことが主流

今の時代は葬儀が安いことが主流

葬儀をするというと、とても高いイメージがこれまでありました。
しかし、今の時代は費用をかけずに安いお葬式が主流となっています。
安いからといって、内容が薄いものではなく、基本プランをしっかりとしそれにつけ足すようにオプションという形であります。
いわゆる、必要なものだけをつけてのお葬式になりますから、削減できるものはして今後の生活へと回すことができます。
さらに、今は寺院のお布施の場合も不透明にせずに、低料金の定額で行うようにしています。
安価なうえに不透明であったところが透明性が出てきたことで、予算に安心を持つことができます。
今の時代は、お葬式に費用をかけるのでなく、コンパクトでも納得いくものにすることが主流です。
また、お葬式に対しての関心度も最近は増してきていますから、相談会などを開催し、多くの方に知ってもらっています。



事前の見積もりで見つけられる安い葬儀のプラン

葬儀に関する事前の相談を受け付けている葬祭業者が多くなっています。
最近は自分が亡くなった後のことまで自分で決めておきたいという人も多くいます。
残された家族に負担をかけないようにしたいという希望があるからというのが大きな理由となっているようです。
負担とは、要するに費用の問題というのが一般的な考えです。
昔はお葬式の金額は高いのが当たり前でした。
そのため、後になって費用に関しての疑問があってもどこにも何も言えないということも仕方がないこととなっていました。
しかし、最近の葬祭業者は料金が明瞭で、しかも事前の見積もりもしてもらえます。
そのため、安い費用で行いたい場合も、それぞれの都合を考慮してもらうこともできるようです。
いちばん安い葬儀といえば火葬のみの直葬ですが、他のプランでもその内容の違いでいくらでも安く済ませることもできるので、事前の見積もりはしたほうが良いと言われています。



葬儀の中で家族葬は安いと考えられているが

家族葬の人気が高まっています。
なぜでしょうか。
会葬者の対応に追われることがないからと言うのが主な理由です。
家族葬は小規模な葬儀で、会葬者は20人から30人程度であることがほとんどです。
10人前後の場合もあります。
会葬者が少ない、さらにほとんどが身内ですから、そこまで気を使う必要がありません。
故人との別れにたっぷり時間をとることができます。
また、基本的に安いと言うのも魅力のひとつでしょう。
会葬者が少ないのですから当然です。
しかし、家族葬は安いから、その分祭壇や棺をランクアップしようと考える人もいます。
ただ、それだと費用がかなりかかることになるので気をつけましょう。
プランはきちんと決めなくてはいけません。
また、家族葬が葬儀の中で最も安いと言うわけではないです。
家族葬よりも直葬の方が費用はかかりません。

ページトップへ