【決定版】ランキングで分かる安い葬儀会社一覧

Home > 葬儀の豆知識 > 一日葬なら安い金額で葬儀が可能

一日葬なら安い金額で葬儀が可能

 現在は様々な葬儀の形を選択することができます。従来の一般的な葬儀だけではなく、宗教的な儀礼としてお通夜も告別式も行わずに火葬だけを行う直葬や、家族や親しい人たちだけの少人数で行う家族葬などを選ぶ人も多くなっているようです。
また、形式にも宗教にもとらわれない自由葬という選択肢もあります。昔は弔問客の人数が多ければ多いほど良いお葬式だったと人々に言われていました。遺族にとっては、人々からそう認識されることで葬儀に関しての後悔を持たずに済んでいたということもあったようです。しかし、時代は変わり、人々の価値観も同じように変化しています。そのため、弔問客の人数で葬儀の良し悪しが決まるなどということはなくなっています。そんな時代背景もあって、葬儀の形も様々に変化を見せているということになるのかもしれません。

 様々な形の葬儀の中には一日葬という形もあります。これはお通夜を行わない葬儀で、告別式だけを行うためそう呼ばれています。葬儀に関してはその形だけではなく、あまり費用をかけたくないという世の中の風潮もあります。そのため、最近はこの一日葬を選択する人も徐々に増えてきているようです。家族葬や直葬にも見られるように、葬儀の簡略化が以前にも増して進んできており、故人の意思や費用の負担を考慮して簡素な形が選ばれています。
しかし、葬儀の大きな役割のひとつは遺族の悲嘆に対する取り計らいだとも考えられています。遺族はお通夜から告別式にかけて部仏式であれば読経や焼香を経て家族が亡くなったという現実を受け止めていくことになります。この点からみれば、葬儀の後の遺族の気持ちも考つつ葬儀の形を検討することも望まれています。

 遺族の気持ちを考えると検討の余地はもちろんありますが、費用の面から考えれば少しでも費用をおさえたいと考える人は多いはずです。費用が抑えられる点で選ぶ人が多い1日葬ですが、お通夜を行わない1日だけの葬儀とはいっても会場の準備には前日から入ることになります。
そのため、お通夜と告別式の2日分の費用が半額の1日分になるというわけにはいかないようです。しかし、地域によって行うことがある通夜振る舞いや遠方から来る親戚の宿泊費や食事代などを削減することはできます。ですから、お通夜を行わない一日葬は安い金額で行うことが可能な葬儀だということはできるでしょう。そして、遺族にとってはそれでだけではなく、葬儀に費やす弔問客への気遣いや時間的な負担を軽減できるところは1日葬のメリットだと言うことができそうです。

ページトップへ