【決定版】ランキングで分かる安い葬儀会社一覧

安い葬儀会社を探す際に便利なサイト

ここの比較サイトは、安い料金の葬儀会社を簡単に探せます。それは、このサイトが料金が安い順にランキング形式で紹介しているからです。ランキング上位であればあるほど、料金が安い葬儀会社であります。ですから、ランキングを見ることで安い葬儀会社がどこなのか分かります。

またこの比較サイトは、安い料金だけでなくサービスの質や総合的に人気があるといった項目でのランキングも掲載されています。つまり、色々なニーズの方に対応できます。このサイトは、利用価値が高いです。

さらに素晴らしいのは、このサイトは葬儀会社を頼む際に費用を浮かせるテクニックを惜しみなく情報公開していることです。このテクニックを活かすことで、葬儀費用を節約することが十分可能となります。一読しておく価値は、大いにあります。

小さなお葬式

評価 ★★★★★
情報量 ★★★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス ★★★★★

人はいつ何時何があるかわかりません。突然、身内がなくなった場合、抱えている住宅ローンなどで葬儀に費用が多くかけることができないといったことや生活状況で押さえたお葬式をしなければならない人もいます。そんな時には、安い葬儀ができる小さなお葬式が便利です。

家庭の事情というものがありますから、どうしても一般葬ができない場合、火葬葬でも良いわけです。費用も抑えてできますし、さらに企業も対応してくれます。金額がどうこうでなく、大小関係なくその人の故人への気持ちが大事です。

親戚が計らいで手配をしてくれたはいいものの、料金的に合わない場合がわります。この際にも、小さなお葬式に依頼すれば他社へのキャンセル手続きも行ってくれます。要望に合わせたお葬式にしてくれますから、安心です。

シンプルなお葬式

評価 ★★★★
情報量 ★★★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス ★★★★★

本当に必要な物だけが揃った葬儀を行いたいと考えている方に向けて、こちらのシンプルなお葬式を紹介します。こちらでは、余分なことは一切ない、シンプルなお葬式を行いたいと考えている方にその希望に最適な葬儀を提供しています。

また余命宣告等を受けている方の中で、葬儀を今のうちに予約したいそんな方に向けて事前割を提供しています。この事前割を適用することで、5万円の割引を受けることが出来るため、家族への負担を少しでも減らすことが出来ます。

更に、シンプルとはいえ高額な金額となってしまう葬儀ですが、こちらではクレジットカードを使って決済することも可能なため非常に便利です。シンプルなお葬式でしめやかに葬儀を行いましょう。

いい葬儀

評価 ★★★★
情報量 ★★★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス ★★★★

「いい葬儀」では斎場の探し方、葬儀の流れ、タイプ、参列の仕方など参考になることが多数掲載されています。葬儀となると慌てるのが現状ですが、葬儀の手配から取り扱っているので安心して依頼することができます。

希望の地域、葬儀のタイプ、予算などから選択することができます。希望がある場合には、相談しましょう。意外と知らない葬儀のマナー、通や、香典、焼香の仕方など参考になるでしょう。葬儀後のアフターケアもしっかりとしています。

いい葬儀とは、家族や故人が納得した葬儀です。葬儀の仕方に遺言がある場合には相談してみましょう。故人を供養して安心させるためでもあります。葬儀選びはいい葬儀で検討してみましょう。

葬儀レビ

評価 ★★★
情報量 ★★★★
満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★
サービス ★★★★

葬儀レビではいろいろな葬儀屋の見積りを一括で申し込みをすることができます。とにかく金額を知りたい、紹介してほしいというような方にぴったりです。葬儀レビでは400社以上の葬儀屋と連携しており、その中から見積りを取り寄せることができます。

一括で同じプラン、スタイルの葬儀の見積りを申し込むことができるので効率よく値段の比較をすることができます。一個一個見積りを申し込んでいたら時間も手間もかかってしまいます。無料で見積りしてもらえるので利用する価値あります。

葬儀は大切な人のために行う儀式です。そんな大切な人のための葬儀を行ってくれる葬儀屋は慎重に選ぶようにしましょう。ここで探せば理想の葬儀屋に出逢えること間違いありません。簡単な情報入力だけなので気軽に申し込むことができます。

全国セレモニーネットワーク

評価 ★★★
情報量 ★★★★
満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★
サービス ★★★

全国セレモニーネットワークは、大手企業の福利厚生の充実のために設立されました。多くの大手企業グループから支持されています。日本全国47都道府県1000会館以上で対応が可能です。事前のご相談からご葬儀後の諸手続き、仏壇やお墓のことまでトータルサポートをしてくれます。

全国セレモニーネットワークには、提携企業・団体向けのお得なセットプランがあります。あらゆる宗派・形式のご葬儀それぞれについてきめ細やかなサービスを提供しています。地域に密着し、多くの方たちのご希望に応えられるサービスを目指しています。

365日24時間対応可能な体制なのでお急ぎの場合でも安心です。お電話があればすぐに必要な手配をしてくれます。全国セレモニーネットワークでは、提携企業・団体様、加盟葬儀社様を随時募集しています。こちらも電話からご質問・ご相談を受け付け中です。

全日本葬祭業協同組合連合会

評価 ★★★
情報量 ★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス ★★★★

全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)には、59の協同組合、1342社の葬儀社が加盟しています。ウエブサイトから、日本全国の加盟葬儀社の情報をご提供中です加盟葬儀社がお葬式や法事などについての事前のご相談・お見積りを受け付けています。公営斎場や寺院斎場などでのお葬式や旅立たれた方をご自宅へお運びするための寝台車の手配も対応が可能です。

全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)は、創立から59年認可からは39年を迎える葬祭専門事業者団体です。創立以来、業界の健全な発展と倫理の確立、事業の近代化、さらには幅広い組織化と人材の育成などに努めてきました。現在では日本最大の葬祭事業者組織となっています。全葬連に加盟している葬儀社は、全葬連の提唱した「葬祭サービスガイドライン」を遵守しています。

また、全葬連では、お葬式の際に安心の「if共済会」という会員制度もあります。遺された方たちの負担を軽減するための相互扶助システムです。様々な特典があり、入会者を募集中です。お葬式に関するご相談は、電話からもウエブサイトからも受け付けています。(どちらも直接のお見積もりやお申し込みは受け付けていません。)お急ぎの場合は、各都道府県の葬祭業協同組合か加盟葬儀社へお電話でお問い合わせください。

葬儀業者の中でも安いところがある

お葬式はかなり高額な費用が発生すると言うイメージがありますが、葬儀業者をうまく選ぶことによって安い値段で済ませることができるので、上手に選ぶように心がけておきましょう。
まずはインターネット上に目を向けて、業者の評判を確認できる口コミ情報サイト、それから人気ランキングや比較サイトなどに目を向けるようにしておきたいところです。
結局のところ1番参考材料になるのは体験談なので、ソーシャルネットワークサービスなどを利用してみるのも良いでしょう。
葬儀業者によっては、親身になって相談に乗ってくれるので助かります。
全国規模で有名な葬儀業者は、確かなプランを立ててくれるものの、高額な金額になる傾向があるので注意しましょう。そうなるくらいなら、地域密着タイプの、親切丁寧な業者にお願いした方が、安い値段で済ませられる上に、納得の内容にできたりするのでオススメです。


葬儀会社の相談と安い所の比較に注目です

急なお葬式の準備でもきちんとこれからのことを考えていることで、落ち着いて準備を進められるようになります。
葬儀に関する基本を学べる本を事前に呼んでおくことで、まず優先して進めるべきことが分かり、落ち着いて行動できるようになる方もたくさんいます。
料金が安い所を見つけることも可能なので、相談しやすい所を見つけられるように、比較を進めていくことも重要です。葬儀に関する事はなかなか値引き交渉がしにくいと感じる方も多いため、比較を進めやすくするために、スタッフと話がしやすい所を見つけることをおすすめします。
相談がしやすい事で、費用に関する事もきちんと話ができるようになり、安心感を持てる方もいます。相場などもわかりやすく教えてくれる会社もあるので、相場を知り、費用を安く抑えてくれるところを見つけられるようにすることも大切なポイントになります。


葬儀の安い業者を探しているのなら

家族が亡くなって悲しい気持ちはよく分かります。しかし、いつまでも悲しんでいるだけではいけないことがあります。
それは故人の葬儀を早く執り行わくてはならないことです。
まずは式場を探すことから始まるはずです。ここで困ることは故人が亡くなってから探す場合、なかなかいい条件のところが見つからない場合があります。
例えば、慌てて探した結果、葬儀にお金がかかりすぎたという話もよく聞いています。確かに故人のためできるだけの葬式を出してあげたいと考えてもおかしくありません。むしろ、簡素な式では故人に悪いような気がします。
だからといって、あまりにも高額では遺族の負担になってしまいます。
できるだけ、費用を安くするためにも事前に安い料金設定をしてある業者をチェックしておくといざという時に困りません。さらに生前のうちに費用を用意しておくと遺族も助かるはずです。

ページトップへ